読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくない

雑記

いろいろ要因はあるんだろうけど、僕はmixiが衰退したのは日記に「イイネ!」出来るようにしたのが一番大きいと思う。

日記に「イイネ!」が付いて、他人の日記を見るときは、日記を読んだ時の反応の選択肢が増えて、楽ちんになった。

だけど、日記を書いたときは、今まで本当に短文の一言でもコメントしてくれてた人が「イイネ!」に変わって、寂しかった。

今まで反応が無かった人が「イイネ!」で反応を示してくれるようになっても、やっぱり寂しかった。

考えて、人に伝わるように書いた文章を友達が読んで、友達が何を思ったのか見られるのが嬉しかった。それが負の感情であっても、嬉しかった。

良くない日記にも「イイネ!」が付くし、mixiで文章を書くモチベーションは凄く下がった。

それは僕だけじゃなかったのか、他の人も日記を書く頻度が減って、mixiを見る目的が無くなった。

今は、TwitterFacebookに移動しているのかもしれない。だけど、みんなが書く日記は読めなくなった。

そうやって誰もmixiに居なくなった。