読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇を見てきた

俳優志望の知り合いが、小さい劇場で主役をつとめると聞いたので見てきた。

演劇って中学の時に演劇部の講演を見てからずっと苦手意識を持ってたんだけど、やっぱり苦手だった。

目の前で舞台俳優さんたちが演じているのが、好きな人には「臨場感」に繋がるんだろうけど、僕にとっては小恥ずかしさに繋がる。

RENTっていうミュージカル見に行った時も、音楽とかは良くて楽しかったんだけど、なんというかどうしても一歩引いた所から見てしまっていた。

ゲキシネっていう演劇を撮って、それをスクリーンで流すやつは平気だったので、虚構と現実はどこか一枚壁を挟まないと楽しめないなーと思った。

っていうお話。