「既存のプロジェクトを XcodeGen に移行する」という文章をQiitaに投稿した

qiita.com

XcodeGen 少し前に知って良さそうって思ったんだけど、そのときはドキュメントが充実していなかったのかドキュメントの存在を見落としていたのか分からないけど導入見送って、最近になってまた少し話題になってたから見てみたらドキュメントしっかり存在してたので移行した。

XcodeGen 話題にはなっていたけど、何がいいとか、リリースされてるアプリの設定ファイルとかはあるものの、じゃあ実際に使い始めるぞ!って感じになるような日本語の情報が皆無だったので書いた。

移行するぞ!って作業し始めると、本当に一通りの設定を yaml に書けたのか不安になり、生成されるプロジェクトとの差分見ても diff がやばくて分からんしで、うむ〜って感じだった。

xcconfig-extractor というツールを教えてもらったらシュッと移行終わった。

qiita.com

xcconfig に大体の設定を書いておけば XcodeGen 捨てるぞ!ってなったときに捨てるコスト下がるし、XcodeGen 使わない場合も設定変えたときの diff が見やすくなって良いなって思った。

近況

転職した。

毎年転職活動してたから転職しまくってる or 一生転職活動してると思われてそうだけど、4年勤めてた。

前職は iOS→cocos2d-x→rails→reactjs みたいな感じでやること変わって、現職は iOS やる。

昨日が初出勤だったんだけど、貸与 PC の配送遅れてずっと実践ドメイン駆動設計読んでた。有給消化で17連休作って、労働無理な身体になっていたのでショック死せずに済んだ。

実践ドメイン駆動設計は、まだ1章の途中なんだけど、今のところ叙情的な感じがしなくて読む気になるので読み終わりたい。

実践ドメイン駆動設計 (Object Oriented SELECTION)

実践ドメイン駆動設計 (Object Oriented SELECTION)

17連休は、マジでゲームしかしてなかった。旅行とか行きたい気はしたんだけど収入貯金が全然無くて辞めて次のまで間があくし、年末年始の色々やらなんやらで厳しそうだったので引きこもってた。次は貯金しっかり作ってから辞めたい。

17連休過ごしてたら伯父になってた。先日、会いに行ったんだけど小さかった。

前職の1日の所定労働時間7時間で、現職8時間なので疲れそう。所定労働時間が4時間の世界になって欲しい。0時間でもいい。

転職祝いください!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/1GRLBQ0JXTXHW

以上です。

STEINS;GATE 0 全ルート感想

昨日の深夜に全ルートやりおえて、寝る前にサクッと書いて寝ようとしたんだけど足りなかったので書く。

やる予定の人は読むのを止めてシュタゲゼロやろう。

STEINS;GATE 0

STEINS;GATE 0

続きを読む

STEINS;GATE 0 クリアした

PS4 持ってないのに初回特典入りのやつを予約して買ったのに手を付けていなかったシュタゲゼロを全ルートクリアした。

めちゃくちゃ良かった。

トゥルーエンドにも触れているのでやる予定の人は読むのを止めてシュタゲゼロやろう。

STEINS;GATE 0

STEINS;GATE 0

続きを読む

革小物2017

f:id:gin0606:20171022235100j:plain

iPhone7にしたら定期入れ使わなくなってしまった。

長財布はだいぶ馴染んできて、名刺入れはまあまあ柔らかくなってきた。

手入れはこれ使ってる。

herz ってところで革製品買って、そこでラナパーってやつ推してたからしばらく使ってたんだけど、曲がる部分が老人の指みたいになったのでミンクオイルに移行して、その後コロニルのクリーム使うようになった。ミンクオイルは年1くらいで塗ってて、ラナパーは捨てた。

去年の様子 gin0606.hatenablog.com

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ 読んだ

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

  • 作者: ポール・ウェイド,山田雅久
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

読んだ。

f:id:gin0606:20171011124615j:plain:w512

表紙をめくったらこれ。

本の内容としては、タイトル通り、自分の体重を利用してトレーニングするメニューとか知識とか。

ほぼ全てのチャプターでウェイトトレーニングでは真の強さは手に入らないというような事が書かれていて面白かった。

文章が読みやすくて、内容も面白いので1日で読み終えた。 通読してからトレーニング始めるのが良いと思う。

    • 「ジム通いはムダ」
      • ムダとは書いてなかった気がする
      • 推奨はしていない
      • ジム通いするなら自重筋トレも組み合わせると怪我などを予防できて良いという感じだった
    • プロテインは不要」
      • 「必須ではない」という言及はあったものの、不要とは書かれていなかった(はず)
  • 「夏までに腹筋を割る!」的な本ではない
    • 時間をかけてじっくり身体を作っていく感じ
  • ウェイトトレーニングについて
    • 自然な関節の動きじゃなかったり、筋肉の成長に関節がついていけなくなったり、筋肉のバランスが崩れて関節を痛めやすい
    • 自重筋トレを組み合わせることで痛みを予防したりできるので組み合わせると良い
  • ビッグ6と言われる6つの動作のみを扱っていて、それで十分とのこと
  • ビッグ6のうち2つは、他の4つがある程度出来るようになってからやるので、最初は4つの動作をやっていくことになる
  • 各動作は10のステップに分かれていて、その中で初級・中級・上級に分かれている
  • どんなに自信があってもステップ1の初級から初めて、クソ余裕になってから次のステップに進めとのことだった
  • この理由は本の中で説明されていて、確かに〜って感じだったから僕は従うことにした

限界までやったり、筋肉痛でるまでやったりということには一切触れられて無くて、だいぶ気長に筋肉付けてく感じだった。

来年の夏に水着を着るとか、魅力的な胸板を手に入れたいわけじゃないので、この本で提案されている内容が僕には合いそうだと思った。

初心者は週2で良いとのことだったので、のんびりとやっていく。

「この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。」が表示されていたので書く。

BUMP OF CHICKENのライブに初めて行ってきた。

動くバンプ、紅白に出てるの見たときなんかボロボロ泣いて、ライブDVD見てもボロボロ泣いて、ライブも泣くだろうなって思ってたらオープニングムービーみたいなの流れたらボロボロ泣いてた。

右腕を上げた状態で止まって泣いてる大男、キッツ〜って思いながら泣いてた。

Pathfinder って名前のツアーだったんだけど、アルバムとか何かしらの曲とかのやつじゃないから昔の曲から新しい曲までやってて、本当に最高だった。

ライブDVDとかだとかっこいいところばっか写されるんだけど、実際には藤くんとか時々おちゃらけてて良かった。

また行きたい。

終わり。